BOAT RACE 三国 10#

08/21Tuesday

非開催

本場開門時間:

文字サイズ:

ボートレース三国では、4/3~9/20までの期間、朝の時間帯から開催されるレース「モーニングレース」を開催しています。  本場開門時間は8:15です。   

レース展望

一般

みなづき第1戦

6/
12
13
14
15

今垣光太郎、守田俊介、吉川元浩、須藤博倫と豪華メンバーが激突!

平日4日間の開催となる男女混合戦の「みなづき第1戦」。短期決戦となるがメンバーは豪華だ。まず、通算100回目となる優勝を地元のGWレースで達成した今垣光太郎が文句なしの優勝候補となる。そのGWレースでは、決して評判の良いモーターではなかったが出足型に仕上げて、11戦10勝3着1回とほぼ完璧な成績で優勝を飾った。再登場となるこのシリーズでも期待せずにはいられない。この今垣を脅かす存在となるのが、準地元からの参戦となる守田俊介と吉川元浩だ。守田俊介にとって三国は11回の優勝を誇る得意水面。三国の走り方を知り尽くしているかのように1着を量産し、対抗枠となることは間違いない。そして、吉川元浩は三国のG1を優勝3回と驚異的な勝負強さと相性の良さを持っている。強スタートからの豪快な一撃でシリーズを盛り上げる1人となる。
遠征勢からは準パーフェクトの成績でG1初優勝を三国周年で成し遂げた須藤博倫がいる。三国はG1を含む優勝4回と得意水面だ。また、今節は男女混合戦となっている。安定した強さを見せる堀之内紀代子などが参戦し、豪華な一戦となる。

  • 3388
    今垣光太郎(福井)
  • 3721
    守田俊介(滋賀)
  • 3854
    吉川元浩(兵庫)
  • 3983
    須藤博倫(埼玉)
  • 3984
    坂口周(三重)
  • 4503
    上野真之介(佐賀)
4773
中川りな(福岡)

成績急上昇中の福岡支部女子レーサー、中川りな

福岡支部の女子レーサーと言えば、日高逸子を筆頭に川野芽唯、小野生奈、竹井奈美など女子の中でもトップクラスのレーサーが数多く在籍している。そしてここ最近、飛躍的な成長を遂げている大山千広など、ベテランから若手まで非常に高いレベルで切磋琢磨し成長している印象だ。そのレベルに刺激を受け、デビューから5年、大きく飛躍しそうな女子レーサーが112期の中川りなだ。現在の適用勝率は3.78と、女子レースの中でもまだまだ世に出ない感じだったが、7月からの新規適用勝率は5.18と一気に成績を上げてきた。レベルの高い福岡支部で揉まれ、才能が芽吹いた印象だ。昨年12月には丸亀で初優出、今年4月三国で開催されたG3オールレディースでは予選突破と結果を出している。初優出した丸亀のレースは男女混合戦で、男子選手を相手にしても怯(ひる)まない強さを見せた。そして同じく男女混合戦となる「みなづき第1戦」、豪華メンバーが参戦するが、そんな中でも穴を開ける姿を想像し、追いかけたくなる存在だ。

全国過去3節成績
2018/05/31~2018/06/05ヴィーナスシリーズ第2戦 HamaZoカップ浜名湖2 1425522534
2018/05/19~2018/05/24BTS鹿島開設3周年記念肥前鹿島干潟杯大 村352 526 5521
2018/05/04~2018/05/09GⅢ平和島レディースカップ平和島6 55455 2255

※数字は06/11現在のものです。