BOAT RACE 三国 10#

10/24Wednesday

開催中

本場開門時間:10:00

文字サイズ:

■10月からデイレース開催になりました。   ■本場開門時間は10:00、第1レースのスタート展示時間は10:08です。   

レース展望

一般

みなづき第2戦

6/
20
21
22
23
24
25

当地相性良い福島勇樹、好調の大峯豊、今年G1初制覇の金子拓矢らが激突

梅雨時で調整が難しくなるシーズンに開催される「みなづき第2戦」。シリーズを牽引するのは当地との相性抜群の福島勇樹だ。三国での優勝は2回という数字だが、三国で開催されたG1の優出歴が3回と、優勝こそないが遠征勢としては驚異的な数字を残している。昨年7月から優勝がなく調子こそあまり良くないが、相性良い三国では躍動した姿を見せてくれるだろう。今年に入ってからすでに優勝4回と好調の大峯豊も優勝候補の一角となる。特に5月は優勝2回と勢いを増し、当地は完全優勝を達成した経験もあって、初日から目が離せない選手だ。今年2月のG1関東地区選手権でうれしいG1タイトルホルダーとなった金子拓矢にも注目したい。A1・A2を行き来している印象であったが、ここ3年はA1に定着。安定した成績を残せるようになった自信が、G1初制覇に結びついたのだろう。
他には、三国優勝歴があり、鋭いスタートからの一撃が魅力な濱崎直矢、7月から11期ぶりにA1級に復帰する関口智久といった埼玉支部勢や、安定して速いスタートを決めてくる渡辺浩司も侮れない。

  • 4083
    福島勇樹(東京)
  • 4096
    石橋道友(長崎)
  • 4230
    濱崎直矢(埼玉)
  • 4237
    大峯豊(山口)
  • 4256
    渡辺浩司(福岡)
  • 4305
    金子拓矢(群馬)
4156
浜野孝志(三重)

半期でA1級復帰を決めた三重の浜野孝志に注目

2017年後期は初のA1級として半年を戦った浜野孝志。悔しくも現在はA2級となっているが、7月からは再びA1級復帰とわずか半期で巻き返し、返り咲いて見せた。その要因の一つとして、間違いなくイン戦が安定していることが挙げられるだろう。今年に入ってからの浜野のイン戦には目を見張るものがあり、(5月25日現在)13回のイン戦を戦って1着13本とパーフェクトの成績を残しているのだ。多少苦手なイメージのあった2コースも、今年は3連対率が70%近くと着が取れている。元々1コース、3コースからは好成績の選手だけに、内枠に入った時の浜野には注目して狙っていきたい。そして、その安定した成績がA1級定着に繋がり、外せない選手になるだろう。

全国過去3節成績
2018/06/12~2018/06/15マクール杯 津 216 4611
2018/05/31~2018/06/05第29回サンスポグリーンカップ争奪戦尼 崎33落 142 1132
2018/05/22~2018/05/27BACHプラザ杯戸 田2 12211 4 53

※数字は06/19現在のものです。