BOAT RACE 三国 10#

03/29Sunday

開催中

本場開門時間:-

文字サイズ:

無観客開催等の継続について   ■10/3~3/31の期間中は、デイレースを開催します。   

レース展望

一般

スカパー!JLC杯 ルーキーシリーズ第7戦三国

3/
26
27
28
29
30
31

トップルーキーが集結のルーキーシリーズ!

年度が終わりに近づき、4月からの新生活に心躍らせている季節に開催されるのは、次世代のスター候補が集結する「スカパー!・JLC杯 ルーキーシリーズ第7戦三国プリンスカップ」だ。10月から行われてきたデイ開催を締めくくるにふさわしいメンバーがそろった1戦となる。
シリーズの中心は、G1覇者の上條暢嵩だろう。昨年9月当地のヤングダービーでは、機力不足に苦しみ惜しくも予選突破ならず。悔しい結果となったが、それまで当地は4連続優出(2優勝)と相性の良い水面。前回のリベンジを目指し、熱い走りで優勝へ。その上條に迫るのはもう一人のG1ウイナー・羽野直也だろう。当地参戦はヤングダービー以来2度目となるが、前回は初日から連勝するなど、初水面を苦にしない走りを見せてくれた。さらなる前進が見込める今回は優勝争いに絡んでくることは間違いない。
他にも近畿地区選でG1初優出(2着)するなど近況7点超えと絶好調の権藤俊光、今年に入ってからルーキーシリーズ2連続優勝の上田龍星。ヤングダービーではスピードあふれる走りで優出した宮之原輝紀がシリーズを盛り上げてくれるだろう。

  • 4719
    上條暢嵩(大阪)
  • 4828
    松山将吾(滋賀)
  • 4831
    羽野直也(福岡)
  • 4832
    権藤俊光(大阪)
  • 4908
    上田龍星(大阪)
  • 4939
    宮之原輝紀(東京)
4983
前田篤哉(愛知)

A1昇格へ!常滑フレッシュルーキー前田篤哉

デビュー以来着実に成績を伸ばし、今期はA1昇格を射程圏に入れているのが、デビュー4年目を迎える常滑フレッシュルーキー・前田篤哉だ。前田の魅力は何といっても、ターンスピードの速さだろう。地元常滑の正月開催で自身初のフライングをしてしまったが、そこまで500走以上スタート無事故を続けていたように、速いスタートを行くタイプではない。それでも、近況6点超え、A1勝負ができる成績を残しているのは、スピードターンで攻めのレースができているからだろう。スタートの関係で、まくりよりも、差しやまくり差しが多い傾向にある。フライング以降成績を落としてしまう若手選手もいる中、変わらないレーススタイルで常滑では優出(2着)もしている。当地参戦はヤングダービー以来となるが、今回はより一層成長した走りを見せてくれることだろう。A1チャレンジを続ける前田のスピードターンにぜひ、注目してもらいたい。

全国過去3節成績
2020/03/14~2020/03/17ワークシステムサービスカップ常 滑45431 26
2020/02/08~2020/02/11日刊スポーツ創刊70周年記念競走~夢の初優勝戦~常 滑111451[2]
2020/01/30~2020/02/04ルーキーS第19回スカパー!・JLC杯半分進入固定若 松232 13445613

※数字は03/25現在のものです。