BOAT RACE 三国 10#

01/16Saturday

開催中

本場開門時間:10:00

文字サイズ:

■本場開門時間は10:00、第1レースのスタート展示時間は10:08です。   

レース展望

一般

冬の日本海 波の花賞

1/
10
11
12
13
14
15
16

ボート界を代表するスター!毒島誠がシリーズの主役

ボートレース三国、新年2節目のシリーズとなる「冬の日本海 波の花賞」が1月10日から5日間で開催される。
シリーズV最有力は、やはりこの人。現在のボートレース界を牽引するスター選手の一人、毒島誠だ。12月20日時点での2020年の成績は11月の蒲郡で自身2度目となるSGチャレンジカップを制覇。G1にいたっては、4月の多摩川周年と11月の地元桐生周年を制する2Vの活躍。これにより獲得賞金ランキング2位となり、4年連続7回目のグランプリ出場を決めた。通算優勝回数もSGが7回、G1競走が11回とし、まさにスター選手と呼ぶにふさわしい活躍を見せる毒島。彼がこのシリーズの主役となることは間違いないだろう。
そんな毒島の優勝を阻むべく、他にも当地4節連続優出中と相性抜群の三嶌誠司に、当地周年で準優出経験もあり当地通算優勝回数も出場選手中最多と同じく相性の良い林美憲。当地がG1初出場の思い出の水面となる永田啓二などが参戦する。そして、地元からも豪快なまくり一撃を武器にした攻めで穴党ファンからの人気も高い下出卓矢が登場と見どころの多いシリーズとなりそうだ。

  • 3489
    大場敏(静岡)
  • 3541
    三嶌誠司(香川)
  • 3743
    林美憲(徳島)
  • 4238
    毒島誠(群馬)
  • 4288
    永田啓二(福岡)
  • 4776
    竹田和哉(香川)
4957
竹之内極(福岡)

スタート力が魅力!鹿児島出身の竹之内極

1月10日から開催の「冬の日本海 波の花賞」で当地2度目の登場となるのが119期の竹之内極だ。名前が特徴的で「極」は「きわむ」と読み、実に頼もしい名前である。ここしばらくは3点台勝率でくすぶっていたが、1月から適用の2021年前期では、勝率を1点以上伸ばし、4.55の自己最高勝率をマーク。スタート力には元々定評があったが、その感覚はさらに研ぎ澄まされ、平均スタートタイミングは0.13というトップクラスの選手にも引けを取らない数字を残した。ただ、このスタート力をカド戦の時に生かせていないことは残念だが、奇数コースからの攻め込みは魅力。特に5コースは舟券貢献度が高く、1着率も高い。2019年7月の前回参戦時は予選突破もしており、意気揚々と攻める竹之内のレースに注目してほしい。

全国過去3節成績
2020/12/28~2021/01/01年末年始感謝競走大 村6 324424
2020/12/20~2020/12/24FVジャパンカップ競走鳴 門4 646 455
2020/11/10~2020/11/15楽天銀行杯争奪戦徳 山2 622 652 54

※数字は01/09現在のものです。