BOAT RACE 三国 10#

06/25Tuesday

非開催

本場開門時間:

文字サイズ:

■4/1~9/30までの期間「モーニングレース」を開催します。本場開門時間 8:15  第1レーススタート展示時間 8:32(4/1~7/5)8:29(7/8~9/30)   

レース展望

一般

ディアボート三国リニューアル4周年記念競走

6/
30
7/
1
2
3
4
5

地元の絶対エース今垣光太郎が主役!!

梅雨明けが待ち遠しい季節に行われる「ディアボート三国リニューアル4周年記念競走」。一般競走とは思えない豪華メンバーがそろった。中心は地元の絶対的エース今垣光太郎だ。記念戦線では不振続きだったが、今年4月宮島で行われたG1マスターズチャンピオンで約2年ぶりのG1制覇。その直後のGW競走では機力劣勢ながら優出2着と、さすがの走りを見せた。今回は優勝を目指して果敢な走りを見せる。地元からはもう一人、武田光史も有力。前回の三国は休み明けということもあり優出こそならなかったが、近年の三国での成績は今垣に劣らない。今回はSGオーシャンカップ前ということもあり、気合の走りで今垣に迫る。
遠征勢も強力なメンバーがそろっている。中でも昨年SGチャレンジカップでSG初優勝し、今年のクラシックでも優出した馬場貴也が相手筆頭だろう。三国は準地元でもあり、デビューした思い出の地でもある。昨年の周年競走では優出3着と三国実績も十分。近況の勢いに乗って約3年ぶりとなる三国優勝を狙う。記念戦線で活躍を続ける徳増秀樹も要注意だ。三国は約4年ぶりの参戦となるが、優勝争いに絡んでくることは間違いない。

  • 3388
    今垣光太郎(福井)
  • 3654
    武田光史(福井)
  • 3744
    徳増秀樹(静岡)
  • 4052
    興津藍(徳島)
  • 4262
    馬場貴也(滋賀)
  • 4308
    河村了(愛知)
4692
酒井俊弘(福井)

事故点オーバーを乗り越え、奮起する酒井俊弘

2018年後期(審査期間2017年11月~2018年4月)は自己最高勝率4.82という数字を残すなど、着実に成長してきた地元の酒井俊弘。しかし、好事魔多しともいうべきか、フライング明け初戦の昨年8月三国で2勝の活躍を見せたが、最終日の選抜B戦でまさかのフライング。これでF2となり、その影響か勝率も4点台を割り、さらに事故点オーバーで無念のB2落ちとなってしまった。苦しい時期を過ごし、リフレッシュして挑んだ2019年後期は、持ち前の速いスタートから堅実な走りで勝率を4点台に乗せ、7月からのB1復帰を果たした。この時の期初めには勝率を5点台に上げたこともあり、A級を狙える力があることは折り紙付き。スタート事故に気をつける必要はあるが、これからは持ち前のスタート力を遺憾なく発揮し、成長する姿に期待したい。そして、同期の前出達吉と共に三国を担う存在となるべく、さらなる飛躍を誓う酒井の走りに熱い声援を送ってほしい。

全国過去3節成績
データは前検日に更新いたします