BOAT RACE 三国 10#

08/12Wednesday

開催中

本場開門時間:8:15

文字サイズ:

4/5から10/2までの期間中、「モーニングレース」を開催しています。 本場開門8:15  1Rスタート展示8:29   

レース展望

一般

第48回 しぶき賞

8/
8
9
10
11
12
13

ボートレース甲子園を盛り上げた今垣、萩原に近況好調の中島が中心!

今年は早めの開催となる三国のお盆レースは、8月8日から6日間で開催。福井支部の主力がズラッと並ぶ初日のドリーム戦を制した選手がそのままシリーズをリードしそうだが、V候補筆頭にはボートレース甲子園で強烈なインパクトを残した萩原秀人を推す。エース級の18号機を相棒に、強烈なまくりと圧巻の追い上げを随所に披露した。準優、優勝戦は悔しい結果が続いたが、「第48回しぶき賞」でも暴れる姿を見せてくれるはずだ。
機力は平凡ながらも優勝戦に名を連ねた今垣光太郎も地元Vを狙う。BR甲子園こそ優出したが、それ以外は近況目立った成績もなくパッとしないが地元戦ではやはり1番星。しかし、地元の前回優勝は昨年の正月戦と1年以上空いており、そろそろ表彰台に立つ今垣の姿を地元ファンに見せたいところ。そしてもう一人、一昨年のSG制覇後は低調だった中島孝平だが近況は調子を上げており、強い中島が帰ってきた印象だ。GWレースを勝ってからは優勝を重ね、5月以降だけで3優勝(7月19日現在)。GWに続いての繁忙期レース連続優勝を狙う。もちろん石田政吾に武田光史、松田祐季もV候補だ。

  • 3388
    今垣光太郎(福井)
  • 3635
    石田政吾(福井)
  • 3654
    武田光史(福井)
  • 4013
    中島孝平(福井)
  • 4061
    萩原秀人(福井)
  • 4391
    松田祐季(福井)
5114
小林孝彰(福井)

水神祭を達成した小林孝彰!

昨年11月にデビューした125期の小林孝彰。デビューから半年が経った5月には、地元三国で初の3着と舟券に絡み、続く6月のびわこでは2着に入る好走を見せた。そして、7月4日から浜名湖で開催された一般戦の2日目に初1着、96走目での水神祭を達成した。1号艇と4号艇にA級選手が組まれる企画レースを大外から打ち破っての金星と、10万円を超える配当を提供した。そして、翌3日目にもまくり差しで2着に入り、連日の2連対と舟券に貢献。そうなると次は地元ファンに成長した姿を見せたいところだ。モーター抽選にもよるが、この「第48回しぶき賞」では、ひとつ目標を達成した小林孝彰を積極的に狙ってみるのもおもしろいだろう。

全国過去3節成績
2020/08/01~2020/08/04中日スポーツ杯争奪 第24回ドラゴン大賞常 滑6 536656
2020/07/04~2020/07/08デイリースポーツ杯浜名湖54512 565
2020/06/24~2020/06/28マクール杯三 国6 5 66転65

※数字は08/07現在のものです。