BOAT RACE 三国 10#

12/17Monday

開催中

本場開門時間:10:00

文字サイズ:

■ボートレースレディースVSルーキーズバトルの本場開門時間は12/13(木)9:30、12/14(金)以降は10:00です。 第1レースのスタート展示時間は10:08です。   

レース展望

一般

三国巧者決定戦

11/
23
24
25
26
27
28

シリーズリーダーの三角哲男を筆頭に激戦必至の三国巧者決定戦!

今シリーズの注目は、SG覇者の三角哲男。来期の適用勝率は7.12と今節参戦する選手の中ではトップの数字を残している。当地での優勝は1回のみだが、当地SGで優出歴があり苦手意識はないはずだ。ここ数年のSG・G1で目立つ成績を残せていないが、前述の勝率を見ても確実性のあるハンドルさばきはいまだ健在、シリーズをリードする。
松本勝也もシリーズを牽引(けんいん)する一人だろう。三国勝率は6.80で、当地はG1初優出の水面だが不思議と優勝はまだない。7月の一般戦では準優敗退と悔しい思いもしており、そろそろ当地初優勝を決めたいところだ。
福岡支部の奈須啓太、枝尾賢、郷原章平の三者も面白い存在。奈須は前回の三国G3参戦時に1号艇で優出を決め、地元の萩原秀人に2コースまくりを食らい準優勝に終わったが十分な実力を示し、枝尾も7月の当地一般戦で舟足劣勢ながら立て直し、優出3着と見事な走りを披露した。郷原は9月以降に優勝2回と勢いがあり、三国勝率も6.93と好相性ぶりがうかがえる。その他にも坂口周、梶野学志といった実力者達がひしめき、激戦必至の様相となりそうだ。

  • 3256
    三角哲男(東京)
  • 3529
    松本勝也(兵庫)
  • 4140
    梶野学志(東京)
  • 4148
    枝尾賢(福岡)
  • 4330
    奈須啓太(福岡)
  • 4369
    丹下将(愛知)
4623
中北将史(三重)

大ケガを乗り越え 初優出を決めた中北将史

昨年12月29日、年またぎ開催の津、初日第3Rで妨害失格となり、その際大ケガを負った中北将史。そのケガの影響で長期欠場を余儀なくされ、復帰したのは約半年後の今年6月末。そのため出走回数不足により、今期はB2級となっている。半年間の欠場で勘を鈍らせたかと思われたが、復帰した節の4日目には1号艇から1着でゴール。妨害失格となったレースも1号艇で、1周1マークでターンマークにぶつかってのものだっただけに恐怖心を乗り越えての白星となった。そして先月、地元の津で開催された一般戦では予選道中で3連勝を挙げるなど勢いに乗り、自身初優出を決めた。優勝戦は5着だったが、大ケガでレースができない状況から始まった2018年を悪いイメージで終わらさず、初優出というこれから先を明るく照らす結果をつかんだことに大きな価値を感じる。「三国巧者決定戦」ではB2級での参戦となるが、復帰して活気あふれる中北の走りに注目したい。

全国過去3節成績
2018/11/03~2018/11/08AGE30選抜 中日スポーツ杯びわこ455 565 626
2018/10/18~2018/10/21第3回加藤峻二杯・第51回東京中日スポーツ杯戸 田5 244445
2018/10/05~2018/10/10津PR第3戦アラウンド33選手権 津 554 111 52[5]

※数字は11/22現在のものです。