BOAT RACE 三国 10#

07/17Wednesday

非開催

本場開門時間:

文字サイズ:

■4/1~9/30までの期間「モーニングレース」を開催しています。本場開門時間 8:15  第1レーススタート展示時間 8:29   ただし9/18(水)~9/23(月・祝)のPGⅠヤングダービーはモーニング開催ではありません。   

レース展望

一般

坂井市制13周年 男女W優勝戦

3/
19
20
21
22
23
24
25

男子はSGウィナーの市川VS石田、女子は当地女王の田口VS今井!

年度最後の開催「坂井市制13周年 男女W優勝戦」が3月19日から開催される。三国は4月から新モーター・新ボートに切り替わるため、このシリーズが使い納めとなるが、注目は50%近い2連対率を誇るエース機の33号機。乗り手に関係なく常にトップクラスの舟足を見せている。優勝回数こそ少ないが力強い52号機、温水パイプが付いてから抜群の成績を残す51号機、近況パワーが戻ってきた28号機を誰が引くのか注目だ。
男子戦はSGウィナーの2人、市川哲也と地元の石田政吾がV争いを繰り広げる。市川は当地優勝が3回あり、鋭いスタートと抜群のハンドルワークで戦線をリードする。石田は地元優勝が2017年6月から遠ざかっているが、堅実なさばきは健在だ。そして、近況8点近い勝率を残している西村拓也も優勝を狙う。
女子戦は、8年前に当地で女王の座を勝ち取った田口節子が主役。三国は2014年以来と久しぶりの登場となるがV候補となることは間違いない。その田口に挑むのが地元の今井美亜だ。2月には宮島で優勝するなど、一級品の攻撃力を見せる今井が地元初優勝へ意欲を燃やす。

  • 3499
    市川哲也(広島)
  • 3635
    石田政吾(福井)
  • 4604
    岩瀬裕亮(愛知)
  • 4050
    田口節子(岡山)
  • 4304
    藤崎小百合(福岡)
  • 4611
    今井美亜(福井)
4941
孫崎百世(滋賀)

人気・実力共に上昇中の孫崎百世

北海道出身レーサーは現在6人、今その中で注目度を増してきているのが3月5日から児島で開催される「G2レディースオールスター」にも出場する119期の孫崎百世だ。46位での選出だが1898票を集めるなど、ファンの期待も大きい。119期では最年長で、2016年11月にデビューし、初1着は翌年7月に住之江で達成した。昨年10月には同じく住之江で初の準優出場、その後も12月丸亀で準優に出場するなど着々と力を付けてきており、今期の適用勝率は3.45ながら、近況勝率は4.48(2月24日現在)まで上げている。孫崎の成績は中間着が多いのが特徴で、特に2・3コースから連に絡むことが多い。イン戦はまだなかなか勝ち切れず、1着数が少ない要因にもなっているが、このイン戦を克服することが今後にも大きく繋がってくる。児島のレディースオールスターではもちろん初のG2戦となるが、その経験を生かし、ひとまわり成長した姿を、今回の三国の「坂井市制13周年 男女W優勝戦」で見せてくれるだろう。

全国過去3節成績
2019/03/05~2019/03/10GⅡ第3回レディースオールスター児 島5 2 553 6234
2019/02/24~2019/02/27ジャパンネット銀行賞びわこ3 554 13
2018/11/29~2018/12/04GⅢオールレディース mimika賞丸 亀323 42525616

※数字は03/18現在のものです。