BOAT RACE 三国 10#

09/20Sunday

開催中

本場開門時間:8:15

文字サイズ:

■4/5から10/2までの期間中、「モーニングレース」を開催しています。 本場開門8:15  1Rスタート展示8:29   

レース展望

GⅡ

GⅡ第2回全国ボートレース甲子園

7/
7
8
9
10
11
12

全国の強豪が集結!! 全国ボートレース甲子園

全国47都道府県を代表するレーサーが出身地の期待を背負って参戦するG2第2回全国ボートレース甲子園が三国で開催される。夏の甲子園は残念ながら中止となってしまったが、交流戦という形で高校球児の夢がかなうことになった。水上の甲子園も球児たちに負けない熱い戦いが繰り広げられるに違いない。
G2とは思えない豪華メンバーが顔をそろえた。中でも注目は、第1回の覇者であり、大会連覇がかかる石川代表・今垣光太郎だ。昨年は、カドから鮮やかなまくりを決めた。その後、大舞台では思ったような成績を残せていないが、年末のグランプリ参戦に向け、地元水面で、いつも以上の気迫の走りでファンの期待に応える。
4期連続勝率1位の峰竜太の参戦も楽しみだ。今年は記念復帰初戦となった尼崎周年記念でいきなり優勝とさすがの走りを見せてくれた。当地は3年ぶりの参戦となるが、G1で2回の優出経験があり相性は悪くなく、優勝戦線に絡んでくることは間違いない。
他にも、グランプリ王者石野貴之や、オールスター優出と近況好調な白井英治・毒島誠、大村周年を制した井口佳典がドリーム戦から開催を盛り上げてくれるだろう。

  • 4320
    峰竜太(佐賀)
  • 3897
    白井英治(山口)
  • 4238
    毒島誠(群馬)
  • 4024
    井口佳典(三重)
  • 4168
    石野貴之(大阪)
  • 3388
    今垣光太郎(福井)
4850
野中一平(愛知)

岐阜県の期待を背負って野中一平

大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の出身地として注目を集めているのが美濃国・岐阜県。ドラマでは光秀が故郷を追われ、越前・福井県の朝倉氏を訪れている。その光秀のように、岐阜県代表として三国で行われる甲子園に参戦するのが、野中一平だ。 野中の特徴は何といっても平均スタートタイミング0.13というスタートセンスだろう。スタートを決めても飛ばされるなど大きな着が目立っていたが、近況は冷静な走りで確実に着を重ねるようになってきた。 その成果が表れたのが、蒲郡の正月戦だろう。仲口・赤岩のSGウイナー相手に2コースから差しを決めて優勝と、幸先の良いスタートを決めた。勢いそのままに、A1復帰を決めるなど、上り調子にあるのは間違いない。 6月の三国では得意のスタートから攻めのレースで、強豪相手に引けを取らない活躍を見せてくれた。惜しくも優出はできなかったが、レースを大いに盛り上げてくれた。 直前に三国を走ったことは、他の選手にはないアドバンテージとなるに違いない。今期の好調ぶりなら甲子園での活躍も期待できるだろう。ぜひ、スタートから攻める野中に注目してほしい。

全国過去3節成績
2020/06/24~2020/06/29スカパー!・JLC杯 ルーキーシリーズ第10戦鳴 門44122 251624
2020/06/14~2020/06/19GⅢ第7回イースタンヤング桐 生512 545 453
2020/06/08~2020/06/11炎の三国夏の陣三 国4 131515

※数字は07/06現在のものです。