BOAT RACE 三国 10#

09/19Sunday

開催中

本場開門時間:8:15

文字サイズ:

■4/1から「モーニングレース」を開催しております。 本場開門8:15 1Rスタート展示8:38(8/4~10/5)   

レース展望

一般

ディアボート三国リニューアル6周年記念競走

6/
20
21
22
23

安定感ある谷村一哉に次世代レーサー松尾拓が挑む!

今年の2月。先陣切って開幕した東海地区選でいきなりサプライズを起こしたのが松尾拓だ。準優勝戦で池田浩二のFというハプニングもあったが、巡ってきた優勝戦1号艇のチャンスを生かして逃走劇。G1初タイトルを手にした。今年はどこに行っても注目の的だが、6月20日から開催の「ディアボート三国リニューアル6周年記念競走」でも同様。4日間の短期決戦、V候補筆頭に推す。
勢いなら松尾でも、安定感なら今年ここまで2Vの谷村一哉が上だ。G1タイトルを2回制し、SG優勝戦1号艇の経験もある谷村。盤石な走りで若手の勢いを受け止める。2月の当地地区選で快速を披露しながら準優、インから待機違反となった吉田俊彦もリベンジに燃える。予選2位通過と見せ場を作りながらの賞典除外に、借りを返す一戦となる。硬軟自在、林美憲もV候補の1人。進入に1マークの攻防、多彩な選択肢を持つ林は駆け引きで1歩上を行く。
地元からはF休み明けの下出卓矢が登場。無理はできないが、攻めの姿勢は崩さないだろう。また、次節はG2レースということもあり、モーター相場を確認するためにも注目のシリーズとなる。

  • 3743
    林美憲(徳島)
  • 3813
    佐藤大介(愛知)
  • 3961
    谷村一哉(山口)
  • 4055
    吉田俊彦(兵庫)
  • 4083
    福島勇樹(東京)
  • 4808
    松尾拓(三重)
4808
松尾拓(三重)

コース不問の鋭い攻めで松尾拓がV戦線を盛り上げる!

養成所時代のリーグ戦勝率は断トツの8.24。卒業記念レースも制して第26代養成所チャンプとなった松尾拓。デビュー後も順応力の高さと持ち前のセンスで2期目にはA級に昇格。さらに、デビューから1年8カ月という早さで初優勝を飾るなど、周囲からの期待は高かったが、それに見事に応えてきた。一時は伸び悩む時期もあったが、トップルーキーへの選出、A1級昇格と着実にステップアップを重ねてきた松尾。今年2月の地区選では、初日から連勝とフルスロットルの活躍をみせ、運も味方につけて手に入れた優勝戦の絶好枠を逃げ切りG1初制覇。タイトルホルダーの仲間入りを果たした。当地では優勝こそないが、コンスタントに予選を突破するなど相性は悪くない。優勝候補の一角となる今節も最後まで諦めない松尾らしい走りに期待したい。

全国過去3節成績
2021/06/05~2021/06/09ボートレース多摩川バースデイカップ多摩川5511414351
2021/05/15~2021/05/20GI開設67周年記念トーキョー・ベイ・カップ平和島233 431 6 45
2021/04/29~2021/05/05スポーツニッポンパール賞競走 津 2114515 2541

※数字は06/19現在のものです。