BOAT RACE 三国 10#

09/19Sunday

開催中

本場開門時間:8:15

文字サイズ:

■4/1から「モーニングレース」を開催しております。 本場開門8:15 1Rスタート展示8:38(8/4~10/5)   

レース展望

一般

スカパー!・JLC杯 ルーキーシリーズ第12戦

7/
23
24
25
26
27
28

若きタイトルホルダーとなった栗城匠が登場!

「学校は夏休みに入ったけどコロナ禍で遠出はちょっと…」という時にはボートレースで水上バトルに浸ってはどうだろう。三国では子供たちにも良い刺激となりそうな若手によるスピードレース「スカパー!・JLC杯 ルーキーシリーズ第12戦 三国プリンスカップ」が7月23日から開催される。
注目は若くしてG1タイトルを手中に収めた栗城匠だ。G1参戦4節目で初優出初優勝とボート界を沸かせ、現在、登録番号の上では最も若いG1タイトルホルダーとなった(年齢では大山千広が最年少タイトルホルダー)。これによりルーキー世代の最注目選手となり、ルーキーシリーズでは大きな期待を背負うことになるが三国は優勝歴もある水面。期待に負けないレースを見せてくれるだろう。
当地でG1初優出した石丸海渡が栗城に待ったをかける。オーバーエイジ枠の参戦ということもあり、経験値を武器に勢いに負けない走りを見せるはずだ。栗城とは同支部同期のライバル、宮之原輝紀も負けられない。早くから期待を受けたトップルーキーは、今まで以上にG1タイトルを意識しているだろう。地元勢は成長著しい中山将太と伸び重視の佐藤悠に期待。

  • 4772
    石丸海渡(香川)
  • 4907
    小池修平(大阪)
  • 4928
    栗城匠(東京)
  • 4931
    木谷賢太(香川)
  • 4939
    宮之原輝紀(東京)
  • 4980
    佐々木完太(山口)
5091
為本智也(福井)

期待の為本智也が地元連続優出を目指す!

福井支部期待の若手レーサー、為本智也。6月の当地一般戦では自身初となる地元での優出を果たした。その際の優出インタビューでは、「奇跡が起きているみたいです。うれしいです」と謙虚に語った為本だったが、準優で見せた走りは奇跡などではなく、為本の努力と成長がうかがえる見事なレースだった。結果は5着となった優勝戦でも気合の踏み込みを見せ、コンマ01のトップスタート。優勝戦でフライングを切るというリスクを考えれば、褒められるスタートとはいえないかもしれないが、最後まで攻めの姿勢を崩さずに挑んだ為本の姿に熱くなったファンも多かったのではないだろうか。今節は同世代が相手となるルーキーシリーズということで、前回の地元戦以上の結果にも期待がかかる。ボートレーサーとして、さらなるステップアップを目指す為本の走りに注目したい。

全国過去3節成績
2021/07/02~2021/07/07スカパー!・JLC杯徳山ルーキーシリーズ第10戦徳 山421 32244615
2021/06/17~2021/06/21ウィンボとこなめ開設12周年記念競走常 滑433 636354
2021/06/05~2021/06/10日本財団会長賞 第45回九頭龍賞三 国126 2 2562[5]

※数字は07/22現在のものです。