BOAT RACE 三国 10#

09/19Sunday

開催中

本場開門時間:8:15

文字サイズ:

■4/1から「モーニングレース」を開催しております。 本場開門8:15 1Rスタート展示8:38(8/4~10/5)   

レース展望

一般

日本トーター杯

8/
4
5
6
7

スタークラス不在で混戦模様も当地実績ある山本寛久がリード!

夏の日差しが照りつけそうな8月4日から開催の「日本トーター杯」は4日間のショートシリーズ。抜けたスタークラスは不在で混戦になりそうな雰囲気だが、当地3Vの実績がある山本寛久をシリーズリーダーに指名。今年の中国地区選では落水、転覆と2度の減点がありながらも成績は節間4勝、完走すれば全て舟券に貢献と大暴れ。それだけに初日の1走目が悔やまれる結果となった。当地は約1年ぶりの登場。さえわたる自在戦で優勝を目指す。
今期適用勝率が7点に迫る数字を残しているのが金田諭だ。ハイアベレージな走りは相変わらずで、コースを問わず舟券に絡みV戦線に名を連ねるだろう。当地でSG優出歴がある川崎智幸も登場。今年の児島GW戦を制するなど、さばきの技術は衰え知らずだ。ベテラン勢では三国と相性良い西山昇一もいる。前回はFに泣いたが、アクシデントさえなければ優出は外さない安定感がある。西山と同じ愛知支部の宇佐見淳も三国は3V実績の水面。ほかにも、福来剛は出走回数不足でA2級での参戦だが実力は文句なく主力級だ。地元の三好一や、黒井達矢も当地での優勝は記憶に新しく楽しみな存在。

  • 3022
    西山昇一(愛知)
  • 3300
    川崎智幸(岡山)
  • 3874
    山本寛久(岡山)
  • 3939
    渡辺真至(愛知)
  • 4036
    金田諭(埼玉)
  • 4483
    北野輝季(愛知)
5058
前原大道(岡山)

持ち前のターン力で前原大道が三国初白星を狙う!

今節が当地2回目の登場となる岡山支部の前原大道。養成期間中から非凡な才能をみせ、第123期養成所チャンプにも輝いた期待の若手レーサーだ。昨年11月の大村で自身初となる優出(3着)を果たすと、今年1月には地元児島で2回目の優出(4着)。著しい成長は勝率にも表れ、今期適用勝率はキャリアハイとなる4.88をマークしている。5月には途中追加ではあったがG1に初出場。2着2本の好走もあり、自信をつける貴重な経験になっただろう。現在、2期連続でフライングを切っていない前原だが、スタートにはまだまだ不安定さが残る。しかし、最大の魅力ともいえるターン力がそれを補っており、首位へと一気に抜け出すまくり差しは鮮やかのひとこと。B級レーサーと侮らず、舟券購入の際は押さえておきたい1人だ。

全国過去3節成績
2021/07/08~2021/07/13KBCラジオ杯 モーヴィ芦屋オープン記念芦 屋2 6455465 51
2021/06/23~2021/06/28ルーキーシリーズ第9戦 植木通彦フェニックスカップ若 松4転2 343 366
2021/06/13~2021/06/18GⅢ第8回ウエスタンヤング宮 島5 266 2 3252

※数字は08/03現在のものです。